死んだ魚の眼で

彼女いない歴=年齢=23歳が社会になじもうと頑張る姿をお届け

マイ年間ベスト その3

ベスト5!

 

 5位


Shiggy Jr. / Saturday night to Sunday morning

チェックしてるブログやらツイッターやらで推されまくってて、聴いてみたら確かに素晴らしいなと。

パスピエあたりと比べると本当にどストレートというか、何も気にせず楽しい気分になれる感じ。

まだ結成一年くらいってことでこれからにもかなり期待。

 

 

 4位


パスピエ - とおりゃんせ - YouTube

で、そのパスピエ

もちろんアルバムも素晴らしかったけど、そのアルバムの中でも出色だった「はいからさん」をさらに進化させたみたいなイメージ。ラスサビの入りが凄く好き。

改めて考えてみたらパスピエちゃんと聴き始めたのは今年だな。ONOMIMONOは本当に今年聴きまくった。

 

 

 3位


星野 源 - 地獄でなぜ悪い 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編 ...

とりあえず無事で何よりです。

最初の頃から好きな人からするとこういうワチャワチャしたのは微妙なのかもしれないけど個人的には大好き。

夢の外へ→化物→ギャグ→地獄でなぜ悪い とどんどん好きな感じになってる。

歌詞も(もちろん曲によるけど)今一番共感できるアーティストかもしれない。

 

 

 2位


SAKANAMON - 花色の美少女

SAKANAMONも今年聴き始めたんだな。年始くらいのサカナLOCKSで取り上げられててそれキッカケで。最終的に人生初ライブに行くくらいハマった。

歌詞のメロディへの乗せ方が好き。内容も明らかにリア充ではないなって感じでこれまた好き。曲も文句なしにかっこいい。歌い方も変にカッコつけてなくて好き。

この曲に関して言うと、構成が割と凝ってて飽きない。歌詞も共感はしない(アイドル好きってわけでもないので)けど感情移入はめっちゃする。「ノンシュガー まるで青汁」あたりは特に。(泣)

2月にアルバム出るってことなのでそれも楽しみ。

 

 

 1位


SO WHAT!? feat.仮谷せいら / tofubeats 

というわけで1位はこれ。

とにかく仮谷せいらの声がストライクど真ん中だった。もっと売れてくれ!

曲もひたすら明るくてノれて、微妙な懐かしさと今っぽさが同居してて最高。

そしてこれきっかけでtofubeatsも結構聴くように。HIPHOP系って全然聴いてこなかったけどもしかしてハマる要素あるかもと思ったり思わなかったり。まあそれよりJ-POP感こそtofubeatsの真骨頂だと思うけど。

 

 

ってわけで振り返ってみたら今年知ったアーティストがかなり多いなーと。

まだまだ聴いてる範囲は広くないし積極的に広げようと思ってるわけでもないけど、自然と広がる余地はあるのかな。

曲単位じゃなくてアルバム編も書きたいけど書けるかなあ…。

 

マイベストソング2013〈今年の1曲でiTunes Cardを当てよう! 私のマイベストソング2013♪〉